女性の敵を打破せよ!【アンチエイジングでトラブル解決肌】

女性

切らない方法で若返り

手軽なフォトフェイシャル

医者

女性の肌というのは20歳辺りをピークとして徐々に衰えが進んでいき、30代に突入してくると衰えも加速していきます。肌内で潤いやハリを保っているコラーゲンやヒアルロン酸などが減少していき、肌のターンオーバーもどんどん遅くなっていきます。40代ではコラーゲン量が20代の頃の約半分になってしまい、ターンオーバーは40日から50日とどんどん遅くなってしまいます。化粧品でのアンチエイジングが追いつかないと感じ始めたら、クリニックなどの美容医療も視野に入れてみましょう。クリニックというと、大掛かりな整形などメスを使った方法がイメージされますが、最近はメスを使わない気軽に受けられるアンチエイジング治療がたくさんあります。その中の一つがフォトフェイシャルです。光治療と呼ばれるもので、特殊な光を肌に当てることで肌細胞の活性化を促す作用を持っています。レーザー治療よりも穏やかな光ですから、肌に負担をかけずに若返りが図れます。主な効果としては、メラニンを破壊する作用がありますから、シミを減らすのに効果的です。また、肌内のコラーゲン生成を活発にしてくれて、しわやたるみなど肌老化全般に効果的です。

ピーリングとイオン導入

高いアンチエイジング用の化粧品を使っていてもなかなか効果が出ないなら、思い切ってクリニックの治療を受けてみましょう。最近はメディカルエステも主流になってきていて、普通のエステティックサロンのフェイシャルケアのような治療を受けられます。その一つがケミカルピーリングとイオン導入です。ケミカルピーリングとは肌の表皮をフルーツ酸という優しい酸で溶かして、シミやニキビ跡などをきれいにして、新しい肌を再生させる方法です。表面の肌トラブルを起こしている部分をきれいにできますから、透明感のあるつるつる肌になれます。ケミカルピーリングと相性が良いのがイオン導入です。ビタミンCなどのアンチエイジングや美白、保湿に役立つ成分を、イオンの力を借りて肌の奥まで浸透させていきます。肌はバリア機能が働いていますから、通常の化粧品だと浸透力が限られています。しかし、イオン導入なら微弱な電流でイオンを発生させて、バリア機能を緩めることができますから、肌の奥にまで有効成分が入り込めます。シミやしわ、たるみや毛穴の開きなど、様々な肌老化の改善に効果がありますから、化粧品での効果にがっかりしているなら一度受けてみましょう。